モーションビルダー(以下MB)でマイクを使って、ライブで顔を動かす一連の流れ。

  1. XSIでフェイスを作成
    1. XSIでフェイスを作成。この際音素に該当するShape Keyを入れておく。
    2. Shape Keyが、cluster内に保存されていることを確認。
      shaecluster.jpg
    3. FBX形式で書き出す。書き出し時は画像の設定でうまく行きました。真ん中のアニメーションをエクスポートしないとよい?
      export.jpg
  2. MBで作業
    1. エクスポートしたFBXを読み込む。
    2. モデルを確認。「shape」にチェックマークが入っているか。
      shape.jpg
    3. Asset BrowserのCharactersからChracter Faceをドラッグしてモデルに重ねる。
    4. 出てきたメニューからAttach to Modelを選択(Createではshape keyが出ない)。。
      wariate.jpg
  3. MBに音声を取り込む
    1. Asset BrowserのDevicesからVoiceをドラッグし、顔モデル上ではなす。
    2. Navigator画面にRelationsや、Voiceが追加される。
    3. VoiceのSourceは,PCのオーディオインタフェイスを選択しておくこと.マイクに向かって話すとレベルメータが動くことを確認のこと.
      addvoice.jpg
  4. 音素の指定
    1. VoiceのAddボタンをクリックし、音素を選択。画面はAE音素を選択し追加した状態。
      add-onso.jpg
    2. Character Faceを選択すると、Expressionに音素が自動で追加されている。
    3. 右のShapes内を調整しAEにもっとも近いフェイスを作成。
      Expression-edit.jpg
    4. Activeチェックボックスをチェックし、アーなどと発音すると、Expressionで設定した形に変化します。
    5. 余談ですが,音楽に合わせる設定すれば,ダンシングサボテンとかできそう,,.
  5. おわり。
  6. 補足 Relationsの設定をしないと動きません...VOICEの各要素をつないでください.AEをAE Multiplyに,,など
    face3011.jpg

戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-06-28 (火) 11:52:52