3Dシネマの作成(3D映画の自作)

概要

誰も簡単に3Dシネマを作成する方法.(プロジェクター2台使用)

スクリーン,プロジェクタの準備.

準備物
  • プロジェクタ2台

    直線偏光方式(IMAXデジタル3Dと同じ方式らしい)を使用するためプロジェクタは2台必要.この際,DLP方式プロジェクタを利用する*1.液晶プロジェクタは液晶表示に偏光フィルタを利用しているため避けたほうが良い*2

スクリーン

スクリーンはシルバースクリーンという特殊なものを利用する.通常のスクリーンでは全く見えない.(少しでもとかでなく,全く見えない)

  • スクリーン代替品

    ニトリの遮光ロールスクリーンが良いとの噂もあるが,2010年4月に購入した同等品は裏がベージュのままで,おそらく遮光素材を塗らなくなったかと思われるため,失敗した.

  • スクリーン代替え品2

    スチレンボード(A2)に発泡スチロール用のシルバースプレーを塗ることで,代用品とした.これで充分に見える.ただし商用レベルではない.趣味レベルでの見え方.300mlのスプレー一本で充分であった.

    • 塗りむらが3D酔いの原因になるかもしれません〜ムラが心配な方は下のシートを
  • シルバースクリーン代用品3(格安!)

    シルバースクリーンの代用品(代替品)が,ホームセンターにありました.農業用のマルチ(畑を日射などから覆う)シートがやや適です.プロジェクタの光軸が反射し少しまぶしいですが,3D体験はできます.50mくらいで1500円.幅が狭いので,テスト用向けにいいかと.

    • 岩谷マテリアル(株)の「菜園用イワタニシルバーマルチ(防虫用)です
  • シルバースクリーン代用品(最新!!)
    • 実験用としてはこれで充分ではないでしょうか?

      シルバースクリーンの代用品をいつも探しているのですが,好適品が布地屋さんにありました.「シルバーのレザー」です(詳細品番はいずれも一度そのお店に行ったときに)

      たぶん用途としてはこんな物に使われています〜

      通常布地は1m幅なのですが,これは幅1m以上あり,長さも1m980円とお得.あとはしっかりした板をタッカーで打って固定スクリーンを作れそうです〜

      3dscreen3.jpg
      左は布地クローズアップ,縦収納で布地が寄りシワになっている/右は偏光眼鏡越しの映像ー偏光がかかっているのでずれて見える

類似品(未確認)

  • これが類似品です.上図のものより表面のキメが細かそうなのでも少し綺麗に映りそう〜
代用品の失敗歴
  • ホワイトボード もちろん見えない
  • スチレンボードにスプレー ムラが
  • MDF木材にスプレー 表面が滑らかなので,塗りやすいが塗るのが下手なのでムラが
  • サテン地 シルバーのサテン地2種を購入して実験 全然見えない

コンテンツ

今回は,静止画,動画を撮影し,実験をおこなった.この際,動画撮影機能があり,コンポジット*3出力(これはプロジェクタの対応による)できるデジタルカメラで撮影,再生した.

  • 偏光フィルタ

    直線偏光フィルタを利用.ハンズで買ったものもあるが,Amazonでも購入したものも利用した.直線偏光フィルタは,重ねる角度を変えると急に暗くなるタイプ.裏表で重ねて暗くなるタイプではない.

  • 平行プレート
    カメラを2台並べて撮影するのに使用
  • テープや台など

設置

  1. プロジェクタを2台縦に設置する.*4*5
  2. プロジェクタのズーム,フォーカスを上下で同一にする.
  3. プロジェクタのレンズ前に,偏光フィルタを貼り付ける.この際,プロジェクタの偏光方向をそれぞれ45度,135度とする.
  4. 余った偏光フィルタで偏光眼鏡を作成する.プロジェクタと偏光方向が逆になるようにする(いわゆるハの字型).
  5. スクリーンを見て,左目に左目用の映像が入るよう,右目には右目用の映像が入るようにカメラの出力をつなぐ.
  6. 若干の微調整が必要かもしれませんが,これで3Dに見えます.

撮影

  • フリープレートにカメラを2台なるべく寄せ合って取り付ける.*6
  • 撮影する.赤外線リモコンのあるカメラだと,1台のリモコンで同時に録画,再生ができるため,おおまかにタイミングあわせができる.*7
  • カメラの直前は3D化できないが,カメラの前2m〜5mくらいが3D化しやすかった.
  • 撮影中にカメラがずれると3D視できなくなるので,注意.ただし,編集で補正は可能.

カメラ

  • HDで撮りたいとおもいつつ,最近のカメラにはファインダーが無いことに気づく.
  • 人間の目と同じ幅に並べる必要があるため,カメラのボディをくっつけるように固定しなきゃいけないのだが,ファインダーのないカメラは液晶パネルを閉じると撮影ができなくなるしかけとなっている.
  • このため,ファインダーつきのカメラにすると,こんどは幅が大きく,目の幅を超えてしまう.しかも高い!
  • HDマメカム2台が最も手早いのか?

動画編集

作成
  • SoftimageのLens shaderにStereoscopicを追加
  • Left,Right映像をそれぞれ出力
  • FlipBook?でムービー化
左右別のムービーをひとつに
  • 3Dムービーメーカー(フリーソフト)で左右別のファイルを読み込む
  • アナグリフを使い視差を調整
  • 調整した状態でSide by Side形式で出力*8
編集
  • Side by Sideなら一つのファイルなので編集が簡単
  • Stereo Scopic Playerが再生フォーマットを選ぶのでWindows Live ビデオメーカーで編集 WMV形式で出力
再生
  • デュアルスクリーン設定のきるPCを用い,Stereoscopic Player(シェア)で再生

関係者間自主規制用3Dガイドライン(制作者用)

  • コンバージェンス調整時は裸眼で
  • 画面上に視差をマーキングしておく(ハリウッドではそうしているらしい=原始的だけどなるほど!)
  • 明るいシステムで
  • アナグリフはなるべく使わん
  • S3D視聴後1時間は運転をしない
  • 見るときは見る/見ないときは見ない

戻る


*1 DMDデバイスを用いているため小型化でき,この方式のプロジェクタが多い
*2 小型の液晶パネルの偏光フィルタを外し,別個に取り付けた偏光フィルタで映像を再現するインスタレーションを作成している方もいる.
*3 ビデオをテレビにつなぐときの黄色端子
*4 台形ひずみはどちらが影響あるのか忘れましたが2台プロジェクタ使用の場合,上下に重ねるのが標準みたいなので,真似た
*5 プロジェクタの廃熱方向により重ねられない場合があるので注意
*6 65mmくらいがベスト?
*7 業務用のカメラは同期出力があるので,どちらかをマスタ側にして,同期をとることができる
*8 After Effectsのデフォルト機能では視差を調整した状態で書き出せなかったのでこのソフトを使っています

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-07 (火) 10:56:24